スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)

【from Editor】

 50代とおぼしき男性が、中小企業を訪ね、そこの社長に採用面接を受けた。

 社長「履歴書を見る限りよくわかりませんが、自信をもって何かできることはありますか」

 男性「?」

 社長「ですから、手に何か技術をお持ちですか。あるいは財務関係にはかなり詳しいとか」

 男性「そうですねえ。そうしたものは特にありませんが、“部長”ならできると思います」

 100年に1度の大不況。中高年の再就職状況は厳しい冬が続いている。そうした中、都内のハローワーク関係者から聞いた話だ。

 日本の高度経済成長で大企業がたくさん誕生し、多少の好不況の波はあっても、海外展開なども含めて組織拡大が進んできた。流通業などでは全国規模の企業もどんどん現れ、ベテランの社員が管理職として組織の管理能力を問われるようになった。

 聞いたことのある区分けでいうと、「総合職」とか「一般職」、あるいは「専門職」とか「技術職」など、企業や業界によってさまざまな呼び名と位置づけがなされた。簡単にいえば、企業にとって人材を「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」に分けて、ビジネス発展の総合パワーを高めてきた。ゼネラリストは、その企業がカバーする分野に幅広く対応できる能力を持ち、スペシャリストを含め一定の組織単位の管理運営ができる人材といえる。

 しかし、リストラ時代になって、人員合理化をどこから手をつけるかとなると、ゼネラリストがどうしても先にならざるを得ない。業種にもよるが、スペシャリストはその企業にとって必要不可欠な存在。一方、ゼネラリストはある程度、社内で代替がきく。

 くだんの男性は、大企業ではないけど上場企業規模の間接部門の部長経験者だったらしい。スペシャリストの使い方、社内組織のなかで各部門との調整などに力を発揮し、そうしたことに自信と自負をもっていたのだろう。ちなみにその中小企業には不採用で、ほかのところにも就活を行ったが、同様な結果だったという。

 今年もまた、オフィス街に新入社員の輝かしい姿を多く見られる季節になった。企業にとって、これからの人材育成という観点からいえばゼネラリストとスペシャリストの二色構成では「発展の絵」は描けなくなるのではないか。企業規模拡大が永遠に続くと思い込んでいるなら別だが。(編集委員 小林隆太郎)

【関連記事】
45%の企業が65歳以上を全員雇用 厚労省調査
【今、何が問題なのか】教師全員クビ
会社に見切り? 三越4人に1人が早期退職希望
苦渋の再雇用、「骨抜き」の声も
社員“採点”結果で再雇用せず 「違法な制度」OB提訴

<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し-名古屋国税局が告発(時事通信)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
スポンサーサイト

<痴漢容疑>警視庁職員を逮捕 千葉・北総鉄道で女性触る(毎日新聞)

 電車内で女性の体を触ったとして、千葉県警松戸署は26日、警視庁蔵前署警務課の課長代理、斉藤順一容疑者(58)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前7時5~10分ごろ、北総鉄道新鎌ケ谷-東松戸間を走行中の上り電車内で、東京都内の区立中学の女性教諭(23)の下腹部を左手で触ったとしている。女性が取り押さえ、京成高砂駅で警戒中の県警鉄道警察隊員に引き渡した。斉藤容疑者は一般職の警視庁職員。【神足俊輔】

【関連ニュース】
強制わいせつ:追起訴の警部懲戒免職 福岡県警
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁
児童ポルノ:定義の厳格化求める 日弁連が意見書

不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)
<「円天」詐欺事件>元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)

<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)

 20日午後1時25分ごろ、北九州市小倉北区京町の無人有料駐車場で、同市小倉南区守恒本町2、パート従業員、藤本一美(ひとみ)さん(47)が首から血を流して倒れているのが見つかり、出血性ショックで死亡した。福岡県警小倉北署は強風で壊れた料金支払機の屋根に直撃されたとみて調べている。

 同署によると、料金支払機の屋根は高さ約3メートルあり、鉄パイプ製柱(直径約6センチ)が折れていた。気象庁によると、北九州市のこの日の最大瞬間風速は23.5メートルだった。【太田誠一】

「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕-警視庁(時事通信)
<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月に起きたJR福知山線脱線事故で、発生約18時間後に先頭車両から救出された近畿大法学部の山下亮輔さん(23)が20日、同大学を卒業した。4月からは生まれ育った兵庫県伊丹市の職員として、新たな一歩を踏み出す山下さん。入学直後に遭遇した事故から長いリハビリを経て卒業するまでの5年を「今ここにいられるのは、家族をはじめたくさんの人が支えてくれたおかげ。これからは僕が支えていきたい」と振り返った。

 この日午前10時から大阪府東大阪市の同大学記念会館で行われた卒業式には、5千人余りの学生が出席。山下さんは5年前の入学式の際にも着た黒地にストライプのスーツ姿。式典の後、「事故で不自由になった両脚がコンプレックスだったけれど、友人たちのおかげで乗り越えることができた」と話した。

 17年4月25日朝、山下さんは兵庫県伊丹市の実家からの通学途中で事故に巻き込まれた。気がつくと真っ暗な車内に閉じこめられ、身動きがとれない。助け出されたのは26日午前2時44分。事故が起きてから、17時間半が過ぎていた。

 救出後は、筋肉が長時間圧迫されていたことで生じる「クラッシュ症候群」との闘いが待っていた。筋肉が壊死(えし)した両脚は切断も危ぶまれたが、リハビリの末、装具やつえがあれば歩けるまでに回復。翌年2月に退院、事故から1年後に復学を果たした。

 20年には事故の体験をつづった手記「18歳の生存者」を出版。「自分の体験が誰かを励ますことができるのなら」と、全国30カ所以上で講演活動にも取り組んできた。

 24日には活動を支えてくれたゼミの仲間とともに、講演先でメッセージを記してもらった布30枚を展示するイベントを、伊丹市宮ノ前の「旧岡田家住宅」で開く予定だ。

 公務員を目指すきっかけは、消防士である父親の姿だった。事故後、「人の役に立ちたい」という思いはさらに強まり、実家がある伊丹市の職員への採用が決まった。「育ててもらった伊丹の街づくりに携われることに、わくわくしています」。思い出が詰まったキャンパスで、晴れやかな笑顔を浮かべた。

<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩(産経新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)

<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=は18日、天皇、皇后両陛下と皇居・御所で昼食をともにした後、皇太子妃雅子さまと一緒にお住まいの東宮御所(東京都港区)に戻った。

 お二人が乗った車は午後2時前に皇居・半蔵門を通過。愛子さまは穏やかな表情で、雅子さまとともに後部座席に座っていた。

 愛子さまは学校生活への不安感から欠席や早退が続いていた。この問題で、両陛下は「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう十分な配慮が必要」と愛子さまや学校、他の児童らへの気遣いを示している。

<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<防衛省>陸自連隊長が異動 首相発言「批判」(毎日新聞)
被告への怒り「反省も意味なし」…事件思いだし外出できないままの婚約者(産経新聞)
リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
50歳女性、自宅で刺され死亡…夫と連絡取れず(読売新聞)

朝鮮学校の無償化要求集会に社民党・又市副党首が出席(産経新聞)

 社民党の又市征治副党首は12日、国会内で開かれた朝鮮学校を高校授業料無償化の対象とするよう求める集会に出席し、「万が一、朝鮮高校を対象から外せば憲法に違反するだけでなく、公権力による新たな差別法になってしまう」と指摘。鳩山由紀夫首相がいったん朝鮮学校除外を示唆したことを念頭に「こんな発言をするとは情けない」と批判した。

【関連記事】
橋下知事「金正日の肖像を外さないと無償化認めない」
「朝鮮学校無償化せよ」 金総書記が総連に指示
首相フラフラ 朝鮮学校の高校無償化「除外」一転「対象」に
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相、「教科内容で決めず」
橋下知事「朝鮮民族と北朝鮮、ナチスと同じ関係」 朝鮮学校無償化問題
20年後、日本はありますか?

<日教組>委員長が「政治活動は必要」 北教組事件に絡み(毎日新聞)
官房長官、ホワイトビーチ沖埋め立て案言及(読売新聞)
子ども手当、高校授業料無償化を批判 自民・谷垣総裁、みんなの党・渡辺代表(産経新聞)
<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)

シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で-艦船侵入の疑い・海保(時事通信)

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家の男が先月、南極海で日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入した事件で、第3管区海上保安本部東京海上保安部は12日午前、艦船侵入容疑で、東京港に入港する同船内で男を逮捕する。別の船で同保安部のある東京都江東区内の庁舎に男の身柄を移送、一連の調査捕鯨妨害についても調べる。
 海上保安庁や水産庁によると、男はSSの小型高速船「アディ・ギル(AG)号」(ニュージーランド船籍)に乗り組んでいた同国籍のピート・ベスーン船長。先月15日午前9時ごろ、南極海を航行中の第2昭南丸に水上バイクで近づき、船内に侵入した疑いが持たれている。
 AG号は1月6日、第2昭南丸に衝突した際に大破。ベスーン船長は損害賠償を要求しているという。同船長は船員法に基づき、第2昭南丸船長の管理下に置かれていた。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真特集〕調査捕鯨
捕鯨船侵入の男、12日に逮捕=シー・シェパード活動家、乗せたまま入港
12日にも活動家の男逮捕へ=SSの捕鯨船侵入

<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
<名進研>社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検(毎日新聞)
<座礁>フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
“長島軽一両”五輪銀タイムにちなみ軽自動車特価販売(スポーツ報知)
<時効見直し>刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止(毎日新聞)

<人事>最高裁(毎日新聞)

 最高裁(8日)さいたま家裁所長(裁判所職員総合研修所長)山名学▽裁判所職員総合研修所長(東京高裁判事)小泉博嗣▽名古屋高裁部総括判事(名古屋高裁金沢支部長)渡辺修明▽名古屋高裁金沢支部長(名古屋高裁金沢支部部総括判事)伊藤新一郎

 退職(さいたま家裁所長)井上稔

大島氏、与野党協議機関設置に「本末転倒」(産経新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
小沢氏進退「自身で判断を」=前原氏(時事通信)
<仙谷担当相>7月人事延期も 国家公務員法改正遅れた場合(毎日新聞)
リュックの中身は「5年前に死んだ子供の遺体」 建造物侵入容疑で逮捕の男が供述(産経新聞)

5歳長男を餓死、「愛情わかなかった」夫婦逮捕(読売新聞)

 5歳の長男に約2か月にわたって十分な食事を与えず餓死させたとして、奈良県警は3日、父親で、同県桜井市粟殿(おおどの)、会社員吉田博(35)と、母親のパート店員真朱(まみ)(26)の両容疑者を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

 2人は県警の調べに対し、「愛情がわかなかった」と話し、容疑を認めているという。亡くなった長男の智樹ちゃんの体重は5歳児平均の約3分の1で、1歳児を下回る約6・2キロ、身長も平均よりも25センチ低い2歳児程度の85センチだった。県警は長期の育児放棄によって、智樹ちゃんが死亡したとみて、司法解剖をするなどして詳しく死因を調べる。

 発表によると、2人は今年1月頃から、智樹ちゃんに朝に1回、わずかな食事や水を与える程度で、衰弱した智樹ちゃんに治療なども受けさせずに放置するなどして、死亡させた疑い。智樹ちゃんはこの1週間はまったく食事をとっておらず、寝たきりで、紙おむつをしていた。体には目立った外傷などはなかったが、筋肉はほとんどなく、「骨と皮の状態」(捜査関係者)だったという。

 捜査関係者によると、智樹ちゃんは保育園などには通っておらず、1年近く、自宅に閉じこめられた状態だったとみられる。

 県などによると、3日午前11時頃、真朱容疑者から、県中央こども家庭相談センター(奈良市)に、「子どもがぐったりしている。虐待をした」と電話があった。センター職員が救急車を呼ぶよう指示し、県から通報を受けた桜井市の職員が自宅に向かい、智樹ちゃんと妹(3)を保護した。智樹ちゃんは県立医大病院(同県橿原市)に搬送されたが、飢餓による衰弱が激しく、同日午後5時20分、急性心不全で亡くなった。病院によると、すでに手の施しようがない状態だったという。

 妹は同センターに保護されたが、体調に問題はない。

 智樹ちゃんは両親と妹の4人家族で、JR桜井駅の北約1キロの住宅街にあるアパート2階で暮らしていた。

 県と桜井市は今回のケースを把握していなかった。

【おいしい日本】的矢産カキ 店 レストラン艸葉(くさば)(大阪市中央区)(産経新聞)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)
<訃報>西島大さん82歳=劇作家、「嵐を呼ぶ男」脚本(毎日新聞)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)

【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・佐藤B作さん(61)(産経新聞)

 ■公演で延ばした摘出手術 再発…「命には限り」痛感

 俳優の佐藤B作さんが胃がんだと医師に告げられたのは、舞台の全国ツアーの直前だったという。それから半年間、病を抱えて舞台に立ち続けた。ツアー後、胃の摘出手術を受け、テレビや舞台に復帰した佐藤さんの心にあるのは、いつも上演を心待ちにする全国の観客と次の舞台。4月から始まる『無頼の女房』に向け、けいこに励んでいる。(文・牛田久美)  

 「定期検査はしておいた方がいいよ」。歌舞伎俳優、中村勘三郎さんのこの一言がきっかけでした。平成19年秋、新橋演舞場で共演したときのこと。この2年、検査をしていなかったと気付き、受診し、がんと知ったときは信じられませんでした。体力も十分でよく眠れる。その後、腫瘍(しゅよう)が消えたと言われました。

 ところが翌年2月、雪の舞う札幌まで医師が来てくださって、「すぐ手術を」とおっしゃる。腫瘍は消えていなかったのですね。でも旅公演に穴を開けるわけにいきません。脚本家、三谷幸喜君の新作は人気が高い。月会費でさまざまな作品を楽しめる演劇鑑賞会が、各地で準備をしてくれています。

 4月29日、すべての公演を終えました。翌々日の5月1日、手術。予定より多い3分の2を摘出しました。

                 □ ■ □

 実は、私は役を降りたことは一度もありませんでした。

 以前、けいこ中に舞台から落ちて救急搬送されましたが、幸い骨折をせず出演することができました。不思議なことに、1人がけがで苦しい思いをしていると団員が結束して、かえって出来が良くなっちゃう(笑い)。とにかく、手術後もすべて出るつもりでした。

 点滴から流動食になり、人間はものを食べて元気になることを実感しました。ところが、14キロ減った体重が元に戻らない。芝居は3時間、舞台の端から端まで駆ける。抱腹絶倒、スピード勝負の喜劇の面白さと自分の体力とを考え、『戸惑いの日曜日』も(主演を)断念せざるを得ませんでした。腕時計も重い状態で、情けなかったです。あれはいい芝居でした。(代役の)升毅(ますたけし)さんが懸命にやってくれてワッと観客が笑う。うれしいのと寂しいのがないまぜで、いつかまたこの役をやるぞと心に誓いました。

 三谷君も楽屋に来てくれました。彼らしいことに「升さん、B作さんよりずっといいですよ」なんて明るく笑う。そして、なんと、快気祝いにもう1本脚本を書いてくれると言う。おおお、やった、がん特需だ、なんて(笑い)。

 《朗らかに笑う佐藤さんだが、マネジャーの長谷川英子さんは「降板の説得に1カ月半かかった」とふり返る。当時を思いだすたび、佐藤さんは今も涙ぐんでいるという》

                 □ ■ □

 命は限りあることを痛感しました。昨年、再発したときも舞台が控えていました。なぜか、3年に1度の旅公演にぶつかる。こんなに一生懸命に芝居をしているのになぜでしょう。念のため、見えないがんをやっつける放射線治療は10回を超えたところで副作用で動けなくなり、治療をやめ、舞台に戻りました。一回一回の芝居に全力投球する。そしてどんなときも必ず千秋楽までやり遂げたい。

 来月からの舞台『無頼の女房』では、作家、坂口安吾さん夫婦を主人公に、生きること、小説を書くこととはどういうことなのかを演じます。どんな困難に出合っても生き続けなければいけないという話なんですね。安吾といえば堕落論ですが、再生する堕落論をやりたい。

 手術は4時間半もかかりました。芝居を続けた2カ月に広がったのでしょうか。皆さん、すぐ手術しなくてはだめですよ。え? もし2年前に戻ったら? いやあ、やっぱり舞台に…(笑い)。うーん。手術は大事です(笑い)。

                   ◇

【プロフィル】佐藤B作

 さとう・びーさく 昭和24年2月、福島県出身。県立福島高校卒業、早稲田大学商学部中退。48年、劇団東京ヴォードヴィルショー結成。ゴールデンアロー賞芸能賞、第1回喜劇人大賞特別賞など受賞多数。映画、テレビなど出演多数。4月2日からの『無頼の女房』は東京など3カ所で上演。詳細は劇団TEL03・3227・8371。

受験生「感謝したい人」 先生より母親(産経新聞)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)
トルコ人の東大助教が論文盗用、博士号取り消し(産経新聞)
直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件-監視委(時事通信)

立命館大キャンパスでぼや、調理場の壁など焼く(読売新聞)

 7日午前7時40分頃、滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで、食堂などが入る「ユニオンスクエア」(鉄筋2階建て約6800平方メートル)の1階調理場から出火し、壁や天井など約20平方メートルを焼いた。

 けが人はなかった。

 草津署などによると、当時、生協の職員2人が朝食を作っていた。ガス炊飯器を使用中に、焦げ臭いにおいがした、という。

スモーカー どこへ誘導? 「全面禁煙」通知 屋内対策に自治体悩む(産経新聞)
【WEB人】芸能リポーター・梨元勝さん(65) 携帯で生放送ワイドショーを(産経新聞)
朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか(産経新聞)
阿久根市長 「マスコミ入室している」議会出席を拒否(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)

カード詐欺容疑で中国人逮捕=組織トップからの伝達役か-埼玉県警(時事通信)

 偽造クレジットカードを利用してパソコンなどをだまし取ったとして、埼玉県警国際捜査課などは4日、詐欺と不正作出支払用カード電磁的記録供用容疑で、中国籍の無職劉忠鋒容疑者(24)=東京都荒川区西日暮里=を逮捕した。同課によると、「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 県警はこれまでに、カード詐欺グループとみられる日本人10人と中国人3人を逮捕しており、劉容疑者は組織トップの命令を日本人グループに伝達する役割を果たしていたとみられる。トップは中国にいるとみられるが、本名などは不明という。
 劉容疑者の逮捕容疑は昨年5月20日、日本人の男らと共謀し、千葉市内の家電販売店で10回にわたり、偽造クレジットカードを使いノートパソコンなど計11点(80万6千円相当)を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
教材販売会社社長ら5人逮捕=内職あっせん名目で詐取
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か
上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑
子供も使い保険金詐欺=交通事故偽装、11人逮捕
詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設

スズキ、「エブリイ」など43万台リコール=日産の7万台、ダイハツの6万台も(時事通信)
後輩に「当たり屋」強要 佛教大野球部員が無期停学(産経新聞)
<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)
スーパーで異臭騒ぎ=客と従業員13人軽症-大分(時事通信)
<普天間問題>暫定移設先に無人島 社民党案全容(毎日新聞)

官僚の「やる気」向上、刷新相が「政策コンペ」(読売新聞)

 枝野行政刷新相は3日、中央省庁の職員からの政策提案を審査する「政策コンペ」(仮称)を導入する方針を決めた。

 今月中に募集を始め、5月にも公開の審査会を開く。大胆な発想や官僚の「やる気」を引き出すのが狙い。部局や省庁を超えたグループの応募も受け付ける。書類審査で5件程度に絞った上、公開の場で説明、枝野氏と仙谷国家戦略相らが審査する。

外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら(産経新聞)
「2人区に2人」民主、参院選で最多擁立へ(読売新聞)
<宙の会>1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え(毎日新聞)
「アトピーに効く」エタノール混ぜ販売容疑(読売新聞)
鳩山首相 親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)

市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)

 市民記者メディア「JANJAN」が2010年3月末で休刊するこが明らかになった。市民メディアとして7年の歴史を持つ「老舗」だったが、広告収入が落ち込み、休刊せざるを得ない状況になったという。09年4月にオーマイライフ(旧オーマイニュース)が閉鎖、ツカサネット新聞も11月に休止するなど、市民記者によるメディアは厳しい状況が続いている。

 日本インターネット新聞社は2010年3月1日、同社が運営する「JANJAN」などのサイトを3月31日に「暫時休刊」すると発表した。メインコンテンツである、市民記者が書く「JANJANニュース」については、30日に記事投稿の受け付け終了。31日に更新も終了するが、閲覧は4月1日以降もできるという。

■会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった

 「JANJAN」は「市民の市民による市民のためのメディア」をキーワードにしたニュースサイト。一般から募った市民記者が記事を書いているのが特徴で、03年2月に創刊した。市民メディアとしてはかなりの「老舗」だ。政治関係に強く、20万人の政治家情報を登録した国内有数の政治家データベース「ザ・選挙」も併設している。

 発表文で休刊の理由の1つとして挙げられているのが、急激な広告収入の落ち込み。会社を支えるだけ収入の目処が立たなくなった、としている。広告主を探しており、見通しがつくまで休業すべきと判断したという。

 また、03年に創業したJANJANのサイトシステムは、ブログやツイッターなどの普及した現在では時代遅れになり、新しい技術を取り入れたシステムに更新するため、この際、一休みして構想を練る時間をとることにした、という。

 JANJANの当初の目的は、一方通行型の既存マスコミに刺激を与えることだった。しかし最近は、マスコミにも市民の投稿やブログとの連携を重視する動きが出てきた。また、既存マスコミに属さない報道関係者が主張してきた中央省庁の記者クラブ開放も、政権交代後少しずつ進んでおり、「こうした点からみて、弊社の所期の目的はひとまずは達成されたと得心しております」としている。

■登録している市民記者は約8000人

 今回の「暫時休刊」について、日本インターネット新聞社代表の竹内謙氏は、

  「PVは伸びていたのですが、この1~2年で広告収入が大きく落ち、休刊せざるを得ない状況となりました」

と話す。竹内氏によると、09年度の月間平均PVは約2000万。現在登録している市民記者は約8000人、創刊以来7年間で掲載した記事は5万本にもなる。

  「これだけの量です。廃刊というのはもったいないですし、これまで協力していただいた方のためにも続けたいと思っています。ただ、何年も前にできたサイトですので、ビジネスモデルや、サイトのシステム含め、考え直す時期です。4月1日からお休みを頂きますが、仕切り直しです。なるべく早く復刊したいと思っています」

と話している。


■関連記事
ツカサネット新聞も「休止」 「市民記者」存続に危機感 : 2009/11/10
「市民記者」のオーマイニュース 2年半で撤退、4月下旬サイト閉鎖 : 2009/03/25
オーマイニュースはなぜ挫折したか 「敗軍の将と兵」が語った1万字(上) : 2009/05/31
文春が「常識破りの冒険」 ネットで新書「無料公開」 : 2010/02/28
子どもたちがすっかり虜に  日本よりロスで大人気「爆丸」  : 2010/02/24

普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整(読売新聞)
<JR不採用>与党と公明が解決案 230人雇用要請へ(毎日新聞)
大津波警報で東名高速、アクアライン一部通行止め(産経新聞)
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減-感染研(時事通信)
アーバンセキュリティ

ドラえもん のび太の創世日記

『ドラえもん のび太の創世日記』(ドラえもんのびたのそうせいにっき)は藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1994年9月号から1995年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この作品を元に1995年3月4日に公開された映画作品。大長編シリーズ第15作、映画シリーズ第16作。映画監督は芝山努。配給収入12億8000万円、観客動員数260万人。同時上映は『2112年 ドラえもん誕生』。概要本作はコロコロコミック掲載時、「大長編シリーズ15作記念作品」と冠していた(映画としては16作目)。藤子・F・不二雄自身、創世記をライフ・ワークだとも公言しており、自身のSF短編やドラえもんの短編数本など、同様のテーマの作品の集大成にすべく、多くの資料を使って練り上げられたという。同時上映もドラえもん映画であったため、パンフレットでは『Wドラマチック!!ドラえもんフェスティバル!!』と題された。この作品からタイムマシンで移動する時の超空間バックがCG仕様のものに変更されている。シリーズ中初めて海援隊が主題歌を担当していて、本作も例年通り武田鉄矢が作詞を担当している。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。物語のあらすじ夏休みの自由研究に行き詰まっていたのび太たちは、ドラえもんのひみつ道具「創世セット」で新たな宇宙を作り、地球型惑星の歴史を観察することになる。新地球に誕生した人類の中には、のび太によく似た人間もいた。のび太は自分に似た人間たちについ肩入れし、その世界の神様となって彼らに力を貸してゆく。そして現代に近い時代、のび太に似た野美秀は、南極の大洞窟探検に出発する。そして彼らが目にしたものは、なんと地球の中の空洞に広がる、昆虫人による大文明だった。昆虫人らは、この新地球では昆虫が進化するはずが、のび太が意図的に人類を進化させたため、昆虫は地底に隠れ住んでいた、と主張する。昆虫人たちは地上へ進出し、地上世界を取り戻そうとしていた。このままでは地上は戦火に覆われてしまう。果たして、新世界の運命の行方はいかに。基本的にのび太たちは新世界の観察に終始しており、第三者的な役割を担っている。そのため、のび太たちが力を合わせて困難に立ち向かうパターンが多数の大長編ドラえもんのなかでは異色な存在である。舞台のび太がドラえもんの

電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
核「密約」検証作業、米側に内容正式報告(読売新聞)
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。