スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)

 大阪人の鍋の定番はやっぱりコンブだしの水炊き-。大阪21世紀協会(大阪市中央区)が、府内在住者を対象に家庭での鍋料理についてアンケートしたところ、こんな結果が出た。6割以上が定番を「水炊き」と回答。8割余りがコンブからだしを取っており、カツオだしで味がついた鍋が主流とされる関東との食文化の違いを改めってうかがわせた。

 同協会が、大阪の食ブランドの情報発信を目的にした小冊子「大阪鍋騒動」の編集にともない、府内在住の約100人を対象にインターネットなどで調査した。

 家庭料理の鍋料理の定番に関する質問(複数回答)では、「水炊き」が65%でトップ。「寄せ鍋」も62%で2位となったが、「ほんのりとしょうゆの風味がついた」ものが人気という。

 3位は「すき焼き」(52%)、4位は「しゃぶしゃぶ」(45%)で、代表的な大阪の鍋料理「ハリハリ鍋」(クジラ鍋)や「てっちり」(フグちり)は、家庭ではあまり作られていないようだ。

 このほか、「トマト鍋」「チーズ鍋」などを楽しんでいるという意見も多く、中には「オリーブオイルやタバスコを入れて食べる」という意見もあった。

 だしでは「コンブ」が82%で、「既製のダシしょうゆ」(33%)、「カツオ」(29%)などを大きく引き離した。味付け調味料では、75%が「ポン酢」と回答。シンプルなコンブだしと、ポン酢の組み合わせた鍋を好む大阪人の嗜好(しこう)をうかがわせた。

 「大阪鍋騒動」では、アンケートのほか、こうした東西の食文化の違いや、大阪発祥や大阪名物の鍋料理店、「名シェフの絶品闇鍋」などを紹介している。A5判、24ページで5千部を発行。協会事務所などで限定配布している。問い合わせは大阪21世紀協会((電)06・6942・2004)。

【関連記事】
お鍋のトレンド「締め」に異変 ブームで主役の座奪う勢い
神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊
サークルKサンクス、全国ご当地グルメ弁当を8日から地域限定発売
譲れない主張?!オリ・岡田監督「すき焼きには、卵やろ」
流行B級グルメ、食文化の教育に 「油かす」絵本発売

民主・生方氏、高速料金めぐる混乱 「党政調の復活が必要だ」(産経新聞)
元秘書有罪「一生の戒めに」=鳩山首相(時事通信)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年-式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
【もらってうれしい贈り物】バウムクーヘン パティスリーリッチフィールド(産経新聞)
スポンサーサイト

出張ヤギさんが園児とふれあい(産経新聞)

 板橋区成増の区立しらさぎ保育園で22日、区立こども動物園の動物による初の「出張ふれあい教室」が開かれ、園児約50人がヤギやモルモットとのふれあいを楽しんだ。

 出張ふれあい教室は、こども動物園から遠く離れ、訪れる機会の少ない区内の保育園、幼稚園の園児たちに触れ合いの機会を持ってもらおうと、4月から毎月1度開くことになった。

 この日はヤギのゆうと君とモルモット15匹が出張。子供たちは用意した餌のニンジンをあげ、体をなでるなど大喜びだった。

介護サービス受給者、前月比1万人減―給付費実態調査・2月審査分(医療介護CBニュース)
「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)
<テレビ朝日>通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送(毎日新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
情報公開 首相が最終判断 検討チームが素案提示(産経新聞)

<普天間>徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島について、「かりに徳之島でお願いをするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」と指摘。その後の参院外交防衛委員会でも、地元で大規模な反対集会が開かれたことに関連し「島の住民の半数が反対を訴えたことは極めて重く受け止めなければならない」と述べた。

 徳之島移設案を巡っては民主党鹿児島県連の川内博史代表が19日、鳩山由紀夫首相に撤回を申し入れている。政府は地元自治体に正式に移設案を打診する方針だが、交渉は一層困難になったとの認識を示したものだ。

 これに関連し、鳩山首相は20日午前、記者団に対し、普天間問題の「5月末決着」が実現しなかった場合について「5月末までに決着すると申し上げているわけですから、その決意をもってやるのみだ」と述べ、自身の進退についての言及は避けた。【仙石恭】

【関連ニュース】
<普天間移設>徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連
<普天間移設>「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相
<写真で見る>米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

ひき逃げの乗用車内から覚醒剤 所持容疑の男「警察犬が置いた」(産経新聞)
家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か-宮崎県警(時事通信)
共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)
<山武市長選>椎名氏が再選 千葉(毎日新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)

普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設問題をめぐり、平野博文官房長官は12日午前、沖縄県議会の高嶺善伸議長と首相官邸で会談し、移設先について「県外を軸に、沖縄県民の負担を軽減し、危険性を除去するとの考えで今、政府も動いている」と述べ、普天間の基地機能を県外に移す方向で政府が検討していると伝えた。

 高嶺氏は米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島への移設に言及したが、平野氏は「現時点では難しい」と、政府案に盛り込むことに否定的な見解を示した。

 普天間の県外移設先については、鹿児島県の徳之島などへの分散移転が有力視されているが、平野氏は同日午前の記者会見で「機能の何を県外に出すかは調整の中にある」として具体的な移設先への言及は控えた。米国との実務者協議が先送りされ、移設問題の5月末の解決が困難視されることには、「あくまでも政府としては5月末までに決着を図る」と強調した。

 一方、核安全保障サミットでオバマ米大統領と非公式に会談を行う鳩山由紀夫首相は同日午前、「5月末までに結論を出すため協力をお互いにしていこうとは申し上げたい」と述べ、米側の協力を呼びかける意向を示した。首相官邸で記者団に答えた。

【関連記事】
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
普天間 米大使、地元合意に懸念表明 実務者協議先送り   
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
社民、普天間移設でテニアン市長らと意見交換
「私も毎日切られてます」 首相がぼやき
外国人地方参政権問題に一石

月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
将棋 急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
<交通事故>車がバスに追突、乗客ら13人けが 相模原(毎日新聞)
国庫負担「肩代わり」法案を可決-衆院厚労委(医療介護CBニュース)
久光製薬、通期4.2%の増収(医療介護CBニュース)

鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)

 任期満了に伴う鳥取市長選が4日告示され、自民、公明推薦の無所属現職と、民主、社民推薦で共産支持の無所属新人が立候補を届け出た。投開票は11日。

 ◇鳥取市長選届け出順

 竹内  功 58 市長    無現〔2〕【自】【公】

 砂場 隆浩 46 元朝日記者 無新   【民】【共】【社】

【関連記事】
“新”栃木市が誕生 1市3町「平成の大合併」終幕 栃木
投票所入場券の記載ミス3万件、有権者に送付遅れ 熊本・宇土市長選
下妻市長選、28日投開票 新人3氏、財政再建など争点 茨城
埼玉・戸田市長に現職の神保氏当選 21日の市長選
市長名で当選礼状「公選法に抵触するか知らず」 和歌山・橋本
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
日本の親、成績に無関心=米中韓の高校生比較-財団調査(時事通信)
宝塚で小6、小5の兄弟が不明 1週間帰宅せず(産経新聞)
<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)

<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は5日、静養のため静岡県入りした。この日は伊東市内に宿泊し、7日に下田市の須崎御用邸に入り、9日まで滞在して帰京する。両陛下が須崎御用邸を訪れるのは05年7月以来、約5年ぶりとなる。

 両陛下は5日午前に特別列車でJR東京駅を出発。真鶴駅(神奈川県真鶴町)で途中下車し、真鶴町立中川一政美術館などを見学した。両陛下はその後、再び特別列車に乗り、伊東駅に到着した。

二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
<人事>外務省(毎日新聞)
「よさの・ひらぬま新党」8日にも結成 与謝野氏離党、自民崩壊危機(スポーツ報知)
中3女子、大麻所持で逮捕=制服のポケットに-兵庫県警(時事通信)
「彼女を迎えに行くため」信号無視でひき逃げ 男逮捕(産経新聞)

元公設秘書「毎月1500万円を自由に使える金として…」 検察側冒陳要旨(上)(産経新聞)

【鳩山首相元公設秘書初公判】検察側冒陳要旨(上)

 鳩山由紀夫首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の初公判で、検察側が読み上げた冒頭陳述の要旨は以下の通り。

 【勝場被告の身上経歴など】

 勝場被告は昭和62年8月、鳩山由紀夫衆院議員の公設第2秘書となり、平成2年ごろからは、事務所の経理事務を担当していた。その後、平成6年1月に鳩山議員の公設第1秘書となったが、21年6月、解任されて退職した。

 【鳩山議員の事務所、友愛政経懇話会、北海道友愛政経懇話会など】

 鳩山議員は、東京と地元選挙区の衆院小選挙区北海道第9区内に事務所を有していた。東京事務所の資金管理は、勝場被告が統括していた。また、地元選挙区では、室蘭、登別、伊達、苫小牧および静内に事務所を置いていた。地元事務所の資金管理は、勝場被告の指示を受けて、北海道友愛政経懇話会の会計責任者に選任されていたSが担当していた。

 友愛政経懇話会は平成7年1月9日に設立され、鳩山議員の資金管理団体として指定された政治団体であり、代表者に鳩山議員が就任し、設立から21年6月までの間、会計責任者に元政策秘書が、会計責任者の職務代行者には勝場被告が選任されていた。元政策秘書は陳情処理や国会対応を統括していたため、勝場被告を補助者として同会の経理事務を担当させており、収支報告書についても、勝場被告が元政策秘書に代わり1人で作成したうえ、宣誓書の会計責任者の氏名の記載および押印も代行していた。

 北海道友愛政経懇話会は平成14年12月16日付で現名称に変更されて以降、21年6月までの間、代表者に元政策秘書が就任し、会計責任者にはSが選任されていた。経理や収支報告書の作成・提出事務はSが行っていた。Sは勝場被告に対し、同会と地元事務所の収支をまとめた月次集計表を送信するなどして報告するとともに、収支報告書については、友愛政経懇話会の収支報告書と連動することから、勝場被告の指示を受けながら作成・提出していた。

 【資金管理状況】

 東京事務所の資金には、▽友愛政経懇話会が受け入れた寄付収入や政治資金パーティー収入▽鳩山議員から提供される資金▽鳩山議員の実母、安子さんから同議員に対する資金援助の趣旨で勝場被告に渡される資金-があった。

 勝場被告は、これらの資金を区別せず、一体として管理・保管し、その中から、友愛政経懇話会の支出と鳩山議員個人の公私の支出をまかなっていた。

 一方、Sが地元事務所で管理していた資金には▽北海道友愛政経懇話会が受け入れた寄付収入や政治資金パーティー収入▽勝場被告の管理資金から送金される年間1億円弱の資金-があり、その中から、北海道友愛政経懇話会の支出と鳩山議員個人の支出をまかなっていた。

 【友愛政経懇話会の収支報告書の虚偽記載の経緯】

 勝場被告は、友愛政経懇話会の実際の寄付収入や政治資金パーティー収入と、鳩山議員が衆院議員として受領する文書通信交通滞在費の半額、鳩山議員の個人資産から提供してもらう資金で東京事務所の資金繰りを行っていたが、平成14年ごろ、鳩山家と近い立場にある○○に対し『東京事務所の財政が苦しい』と相談を持ちかけた。

 ○○が安子さんと相談した結果、安子さんは、毎月1500万円の資金提供を承諾し、以降、自分の個人資産から、側近の××を介して、毎月1500万円を息子である鳩山議員に、自由に使える金として資金援助する趣旨で勝場被告に渡していた。

 毎月1500万円の資金提供を受けるようになって以降、勝場被告の管理資金には、安子さんから鳩山議員に対する資金援助の趣旨で渡される資金も含まれるようになった。

 友愛政経懇話会の支出は、実際の寄付収入などではまかなうことができなかったことから、勝場被告は不足分について、ほかの管理資金から適宜、補填(ほてん)していた。補填分を収支報告書に記載するにあたり、鳩山議員からの寄付として扱う分は、政治家から自己の資金管理団体に対する寄付の量的制限の範囲内とする一方、それ以外の分については、安子さんから渡される資金を含む管理資金を、政治資金規正法上、どのような性格の資金として受け入れるかについて、曖昧(あいまい)なまま、安易に個人寄付や政治資金パーティー収入を水増しし、偽装する方法で対処していた。

 勝場被告は、友愛政経懇話会の収支報告書作成段階になって、自分の管理資金で支払った支出全体の中から、人件費、備品・消耗品費などの支出分を抽出して、同会の支出総額を決定して記載。その支出総額にほぼ見合う金額を収入総額として記載することにしており、前年度の金額を参考にしながら、まず、収支報告書に記載する寄付のうち、個人からの寄付の総額および政治資金パーティー収入の総額を実際の金額よりも大幅に水増しして決めていた。

 その上で、友愛政経懇話会の収支報告書の「寄付の内訳」欄に、過去に寄付を受けた人の氏名や手元にあった種々の名簿、名刺などにあった氏名を無断使用するなどして、寄付を受けたように記載した。その寄付の合計金額を差し引いた金額を「その他の寄付」欄に記載して、いずれも虚偽記入していた。

 また、水増しした政治資金パーティー収入の総額を、友愛政経懇話会の収支報告書の特定パーティーの「対価に係る収入の金額」の欄に記載して虚偽記入した。

 そして、勝場被告は、各虚偽記入に係る友愛政経懇話会の平成16年ないし平成20年分の収支報告書を東京都選挙管理委員会を経て、総務大臣に提出した。

=(下)に続く

【関連記事】
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」
(4完)「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判
(3)「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(2)「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(1)虚偽記載のきっかけは地元新聞記者からの指摘 検察側が明かす 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ

<掘り出しニュース>“飛行機ホテル”客室はファーストクラス風(毎日新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。