スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏辞任で「一定のけじめ」=政倫審、他党の意向も考慮―菅首相(時事通信)

 菅直人首相は8日夕の記者会見で、小沢一郎民主党前幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「党の中で最も重要な役職である幹事長を辞任することは一定のけじめではあると思っている」と述べた。野党側は小沢氏が衆院政治倫理審査会に出席して弁明することを求めているが、首相の発言は慎重な姿勢を示したものとみられる。
 首相は同時に「国会や他の場面でどうしたことが必要になるのか、(枝野幸男民主党)幹事長を中心に、しっかりと他党の主張も聞きながら判断をしていきたい」と述べ、党内や野党側の意向を踏まえて判断する考えを示した。 

電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
窃盗被告、「別人」の可能性=防犯カメラ鑑定書を証拠採用―金沢地裁(時事通信)
<最高裁>拳銃譲渡で無罪を破棄 アリバイの成立を否定(毎日新聞)
大使館侵入「中国への抗議」=起訴猶予のウアルカイシ氏(時事通信)
【記事】"首席卒業"桑田氏、驚愕の成績表/【画像】スッピンでマジ顔のしずちゃん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。