スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん のび太の創世日記

『ドラえもん のび太の創世日記』(ドラえもんのびたのそうせいにっき)は藤子・F・不二雄によって執筆され、月刊コロコロコミック1994年9月号から1995年3月号に掲載された大長編ドラえもんシリーズの作品。および、この作品を元に1995年3月4日に公開された映画作品。大長編シリーズ第15作、映画シリーズ第16作。映画監督は芝山努。配給収入12億8000万円、観客動員数260万人。同時上映は『2112年 ドラえもん誕生』。概要本作はコロコロコミック掲載時、「大長編シリーズ15作記念作品」と冠していた(映画としては16作目)。藤子・F・不二雄自身、創世記をライフ・ワークだとも公言しており、自身のSF短編やドラえもんの短編数本など、同様のテーマの作品の集大成にすべく、多くの資料を使って練り上げられたという。同時上映もドラえもん映画であったため、パンフレットでは『Wドラマチック!!ドラえもんフェスティバル!!』と題された。この作品からタイムマシンで移動する時の超空間バックがCG仕様のものに変更されている。シリーズ中初めて海援隊が主題歌を担当していて、本作も例年通り武田鉄矢が作詞を担当している。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。物語のあらすじ夏休みの自由研究に行き詰まっていたのび太たちは、ドラえもんのひみつ道具「創世セット」で新たな宇宙を作り、地球型惑星の歴史を観察することになる。新地球に誕生した人類の中には、のび太によく似た人間もいた。のび太は自分に似た人間たちについ肩入れし、その世界の神様となって彼らに力を貸してゆく。そして現代に近い時代、のび太に似た野美秀は、南極の大洞窟探検に出発する。そして彼らが目にしたものは、なんと地球の中の空洞に広がる、昆虫人による大文明だった。昆虫人らは、この新地球では昆虫が進化するはずが、のび太が意図的に人類を進化させたため、昆虫は地底に隠れ住んでいた、と主張する。昆虫人たちは地上へ進出し、地上世界を取り戻そうとしていた。このままでは地上は戦火に覆われてしまう。果たして、新世界の運命の行方はいかに。基本的にのび太たちは新世界の観察に終始しており、第三者的な役割を担っている。そのため、のび太たちが力を合わせて困難に立ち向かうパターンが多数の大長編ドラえもんのなかでは異色な存在である。舞台のび太がドラえもんの

電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
核「密約」検証作業、米側に内容正式報告(読売新聞)
摘発の携帯電話充電器販社元社長「資金繰りでマルチ商法にシフト」(産経新聞)
逃亡の会計士、韓国から移送され逮捕 GWG企業買収の脱税容疑(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。