スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元公設秘書「毎月1500万円を自由に使える金として…」 検察側冒陳要旨(上)(産経新聞)

【鳩山首相元公設秘書初公判】検察側冒陳要旨(上)

 鳩山由紀夫首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の初公判で、検察側が読み上げた冒頭陳述の要旨は以下の通り。

 【勝場被告の身上経歴など】

 勝場被告は昭和62年8月、鳩山由紀夫衆院議員の公設第2秘書となり、平成2年ごろからは、事務所の経理事務を担当していた。その後、平成6年1月に鳩山議員の公設第1秘書となったが、21年6月、解任されて退職した。

 【鳩山議員の事務所、友愛政経懇話会、北海道友愛政経懇話会など】

 鳩山議員は、東京と地元選挙区の衆院小選挙区北海道第9区内に事務所を有していた。東京事務所の資金管理は、勝場被告が統括していた。また、地元選挙区では、室蘭、登別、伊達、苫小牧および静内に事務所を置いていた。地元事務所の資金管理は、勝場被告の指示を受けて、北海道友愛政経懇話会の会計責任者に選任されていたSが担当していた。

 友愛政経懇話会は平成7年1月9日に設立され、鳩山議員の資金管理団体として指定された政治団体であり、代表者に鳩山議員が就任し、設立から21年6月までの間、会計責任者に元政策秘書が、会計責任者の職務代行者には勝場被告が選任されていた。元政策秘書は陳情処理や国会対応を統括していたため、勝場被告を補助者として同会の経理事務を担当させており、収支報告書についても、勝場被告が元政策秘書に代わり1人で作成したうえ、宣誓書の会計責任者の氏名の記載および押印も代行していた。

 北海道友愛政経懇話会は平成14年12月16日付で現名称に変更されて以降、21年6月までの間、代表者に元政策秘書が就任し、会計責任者にはSが選任されていた。経理や収支報告書の作成・提出事務はSが行っていた。Sは勝場被告に対し、同会と地元事務所の収支をまとめた月次集計表を送信するなどして報告するとともに、収支報告書については、友愛政経懇話会の収支報告書と連動することから、勝場被告の指示を受けながら作成・提出していた。

 【資金管理状況】

 東京事務所の資金には、▽友愛政経懇話会が受け入れた寄付収入や政治資金パーティー収入▽鳩山議員から提供される資金▽鳩山議員の実母、安子さんから同議員に対する資金援助の趣旨で勝場被告に渡される資金-があった。

 勝場被告は、これらの資金を区別せず、一体として管理・保管し、その中から、友愛政経懇話会の支出と鳩山議員個人の公私の支出をまかなっていた。

 一方、Sが地元事務所で管理していた資金には▽北海道友愛政経懇話会が受け入れた寄付収入や政治資金パーティー収入▽勝場被告の管理資金から送金される年間1億円弱の資金-があり、その中から、北海道友愛政経懇話会の支出と鳩山議員個人の支出をまかなっていた。

 【友愛政経懇話会の収支報告書の虚偽記載の経緯】

 勝場被告は、友愛政経懇話会の実際の寄付収入や政治資金パーティー収入と、鳩山議員が衆院議員として受領する文書通信交通滞在費の半額、鳩山議員の個人資産から提供してもらう資金で東京事務所の資金繰りを行っていたが、平成14年ごろ、鳩山家と近い立場にある○○に対し『東京事務所の財政が苦しい』と相談を持ちかけた。

 ○○が安子さんと相談した結果、安子さんは、毎月1500万円の資金提供を承諾し、以降、自分の個人資産から、側近の××を介して、毎月1500万円を息子である鳩山議員に、自由に使える金として資金援助する趣旨で勝場被告に渡していた。

 毎月1500万円の資金提供を受けるようになって以降、勝場被告の管理資金には、安子さんから鳩山議員に対する資金援助の趣旨で渡される資金も含まれるようになった。

 友愛政経懇話会の支出は、実際の寄付収入などではまかなうことができなかったことから、勝場被告は不足分について、ほかの管理資金から適宜、補填(ほてん)していた。補填分を収支報告書に記載するにあたり、鳩山議員からの寄付として扱う分は、政治家から自己の資金管理団体に対する寄付の量的制限の範囲内とする一方、それ以外の分については、安子さんから渡される資金を含む管理資金を、政治資金規正法上、どのような性格の資金として受け入れるかについて、曖昧(あいまい)なまま、安易に個人寄付や政治資金パーティー収入を水増しし、偽装する方法で対処していた。

 勝場被告は、友愛政経懇話会の収支報告書作成段階になって、自分の管理資金で支払った支出全体の中から、人件費、備品・消耗品費などの支出分を抽出して、同会の支出総額を決定して記載。その支出総額にほぼ見合う金額を収入総額として記載することにしており、前年度の金額を参考にしながら、まず、収支報告書に記載する寄付のうち、個人からの寄付の総額および政治資金パーティー収入の総額を実際の金額よりも大幅に水増しして決めていた。

 その上で、友愛政経懇話会の収支報告書の「寄付の内訳」欄に、過去に寄付を受けた人の氏名や手元にあった種々の名簿、名刺などにあった氏名を無断使用するなどして、寄付を受けたように記載した。その寄付の合計金額を差し引いた金額を「その他の寄付」欄に記載して、いずれも虚偽記入していた。

 また、水増しした政治資金パーティー収入の総額を、友愛政経懇話会の収支報告書の特定パーティーの「対価に係る収入の金額」の欄に記載して虚偽記入した。

 そして、勝場被告は、各虚偽記入に係る友愛政経懇話会の平成16年ないし平成20年分の収支報告書を東京都選挙管理委員会を経て、総務大臣に提出した。

=(下)に続く

【関連記事】
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」
(4完)「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判
(3)「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(2)「全く知りませんでした…」上申書で関与を全面否定する首相 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ
(1)虚偽記載のきっかけは地元新聞記者からの指摘 検察側が明かす 鳩山首相元公設秘書初公判ライブ

<掘り出しニュース>“飛行機ホテル”客室はファーストクラス風(毎日新聞)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
中井氏に厳重注意=平野官房長官(時事通信)
障害者自立支援法訴訟 国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
アパート火災で母子死亡=金沢(時事通信)

採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)

【from Editor】

 50代とおぼしき男性が、中小企業を訪ね、そこの社長に採用面接を受けた。

 社長「履歴書を見る限りよくわかりませんが、自信をもって何かできることはありますか」

 男性「?」

 社長「ですから、手に何か技術をお持ちですか。あるいは財務関係にはかなり詳しいとか」

 男性「そうですねえ。そうしたものは特にありませんが、“部長”ならできると思います」

 100年に1度の大不況。中高年の再就職状況は厳しい冬が続いている。そうした中、都内のハローワーク関係者から聞いた話だ。

 日本の高度経済成長で大企業がたくさん誕生し、多少の好不況の波はあっても、海外展開なども含めて組織拡大が進んできた。流通業などでは全国規模の企業もどんどん現れ、ベテランの社員が管理職として組織の管理能力を問われるようになった。

 聞いたことのある区分けでいうと、「総合職」とか「一般職」、あるいは「専門職」とか「技術職」など、企業や業界によってさまざまな呼び名と位置づけがなされた。簡単にいえば、企業にとって人材を「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」に分けて、ビジネス発展の総合パワーを高めてきた。ゼネラリストは、その企業がカバーする分野に幅広く対応できる能力を持ち、スペシャリストを含め一定の組織単位の管理運営ができる人材といえる。

 しかし、リストラ時代になって、人員合理化をどこから手をつけるかとなると、ゼネラリストがどうしても先にならざるを得ない。業種にもよるが、スペシャリストはその企業にとって必要不可欠な存在。一方、ゼネラリストはある程度、社内で代替がきく。

 くだんの男性は、大企業ではないけど上場企業規模の間接部門の部長経験者だったらしい。スペシャリストの使い方、社内組織のなかで各部門との調整などに力を発揮し、そうしたことに自信と自負をもっていたのだろう。ちなみにその中小企業には不採用で、ほかのところにも就活を行ったが、同様な結果だったという。

 今年もまた、オフィス街に新入社員の輝かしい姿を多く見られる季節になった。企業にとって、これからの人材育成という観点からいえばゼネラリストとスペシャリストの二色構成では「発展の絵」は描けなくなるのではないか。企業規模拡大が永遠に続くと思い込んでいるなら別だが。(編集委員 小林隆太郎)

【関連記事】
45%の企業が65歳以上を全員雇用 厚労省調査
【今、何が問題なのか】教師全員クビ
会社に見切り? 三越4人に1人が早期退職希望
苦渋の再雇用、「骨抜き」の声も
社員“採点”結果で再雇用せず 「違法な制度」OB提訴

<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し-名古屋国税局が告発(時事通信)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)

<痴漢容疑>警視庁職員を逮捕 千葉・北総鉄道で女性触る(毎日新聞)

 電車内で女性の体を触ったとして、千葉県警松戸署は26日、警視庁蔵前署警務課の課長代理、斉藤順一容疑者(58)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前7時5~10分ごろ、北総鉄道新鎌ケ谷-東松戸間を走行中の上り電車内で、東京都内の区立中学の女性教諭(23)の下腹部を左手で触ったとしている。女性が取り押さえ、京成高砂駅で警戒中の県警鉄道警察隊員に引き渡した。斉藤容疑者は一般職の警視庁職員。【神足俊輔】

【関連ニュース】
強制わいせつ:追起訴の警部懲戒免職 福岡県警
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁
児童ポルノ:定義の厳格化求める 日弁連が意見書

不明の女子高生か、雲仙で遺体発見(読売新聞)
「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)
<「円天」詐欺事件>元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)

<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)

 20日午後1時25分ごろ、北九州市小倉北区京町の無人有料駐車場で、同市小倉南区守恒本町2、パート従業員、藤本一美(ひとみ)さん(47)が首から血を流して倒れているのが見つかり、出血性ショックで死亡した。福岡県警小倉北署は強風で壊れた料金支払機の屋根に直撃されたとみて調べている。

 同署によると、料金支払機の屋根は高さ約3メートルあり、鉄パイプ製柱(直径約6センチ)が折れていた。気象庁によると、北九州市のこの日の最大瞬間風速は23.5メートルだった。【太田誠一】

「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕-警視庁(時事通信)
<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月に起きたJR福知山線脱線事故で、発生約18時間後に先頭車両から救出された近畿大法学部の山下亮輔さん(23)が20日、同大学を卒業した。4月からは生まれ育った兵庫県伊丹市の職員として、新たな一歩を踏み出す山下さん。入学直後に遭遇した事故から長いリハビリを経て卒業するまでの5年を「今ここにいられるのは、家族をはじめたくさんの人が支えてくれたおかげ。これからは僕が支えていきたい」と振り返った。

 この日午前10時から大阪府東大阪市の同大学記念会館で行われた卒業式には、5千人余りの学生が出席。山下さんは5年前の入学式の際にも着た黒地にストライプのスーツ姿。式典の後、「事故で不自由になった両脚がコンプレックスだったけれど、友人たちのおかげで乗り越えることができた」と話した。

 17年4月25日朝、山下さんは兵庫県伊丹市の実家からの通学途中で事故に巻き込まれた。気がつくと真っ暗な車内に閉じこめられ、身動きがとれない。助け出されたのは26日午前2時44分。事故が起きてから、17時間半が過ぎていた。

 救出後は、筋肉が長時間圧迫されていたことで生じる「クラッシュ症候群」との闘いが待っていた。筋肉が壊死(えし)した両脚は切断も危ぶまれたが、リハビリの末、装具やつえがあれば歩けるまでに回復。翌年2月に退院、事故から1年後に復学を果たした。

 20年には事故の体験をつづった手記「18歳の生存者」を出版。「自分の体験が誰かを励ますことができるのなら」と、全国30カ所以上で講演活動にも取り組んできた。

 24日には活動を支えてくれたゼミの仲間とともに、講演先でメッセージを記してもらった布30枚を展示するイベントを、伊丹市宮ノ前の「旧岡田家住宅」で開く予定だ。

 公務員を目指すきっかけは、消防士である父親の姿だった。事故後、「人の役に立ちたい」という思いはさらに強まり、実家がある伊丹市の職員への採用が決まった。「育ててもらった伊丹の街づくりに携われることに、わくわくしています」。思い出が詰まったキャンパスで、晴れやかな笑顔を浮かべた。

<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩(産経新聞)
<自民>議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。